健康・福祉・教育

新型コロナウイルス感染症に関するマスクの着用について

登録日:2023年3月15日
健康福祉部 健康推進課

 マスクの着用について国、滋賀県から考え方が示されました。

 感染防止対策における「マスクの着用」の考え方について、令和5年3月13日から個人の主体的な選択を尊重し、着用は個人の判断に委ねることとなりました。(学校におけるマスク着用の考え方の見直しは、4月1日からとなります。)

 また一方で、事業者が、施設内の環境や感染状況等を踏まえ、利用者に対しマスクの着用を求めること、マスク見直し後の催しにおいて、混乱回避のため従前のようにマスク着用を求めることは許容されると示されています。

 高齢者や障がい者の介護施設については、重症化リスクの高い方が利用されていることから、利用者や従事者に対するマスク着用の推奨、クラスターの発生予防など、これまでどおり基本的な感染対策を講じていただくことになっています。

 滋賀県におけるマスク着用の考え方

 

 マスク着用が効果的な場面等は以下のとおりです。

(1)医療機関受診時

(2)高齢者等重症化リスクが高い方が多く入院・生活する医療機関や高齢者施設等への訪問時

(3)通勤ラッシュ時等混雑した電車やバス(概ね全員の着席が可能なものを除く)に乗車する時

(4)新型コロナの流行期に重症化リスクの高い方が混雑した場所に行く時

 

本人の意思に反してマスク着脱を強いることがないよう、個人の主体的な判断が尊重されるよう、ご配慮をお願いします。


関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 健康推進課
TEL :0740-25-8078
FAX番号:0740-25-5678
MAIL :kenko@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る