その他情報

畑に農業用の倉庫を建てました。床にコンクリートは打ちませんでしたが、この場合固定資産税の対象になりますか。

登録日:2022年4月1日
総務部 税務課

答え

 家屋の要件を満たしている場合は課税対象となります。

 固定資産税において家屋とは、住家、店舗、工場(発電所及び変電所を含む)、倉庫その他の建物(地方税法第341条第3項)で、建物登記簿に登記されるべきものです。一般的には土地に定着して建造され、屋根及び周壁又はこれに類するものを有し、独立して雨風をしのぎ得る外界から遮断された一定の空間を有し、その目的とする居住、作業、貯蔵等の用に供し得る状態にあるものをいうとされています。

 このため、当該建物については、建築場所やその用途、床の仕上げの有無にかかわらず、上記の要件を満たしていれば課税の対象となります。また、その土地の評価について、評価を見直すこととなります。


関連ディレクトリ



お問合せ先:総務部 税務課
TEL :0740-25-8116
FAX番号:0740-25-8103
MAIL :zeimu@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る