市政の情報

高島リビング・シフト構想を策定しました

登録日:2022年3月1日
政策部 企画広報課

構想表紙

構想策定の趣旨

 新型コロナウイルス感染症拡大を契機にテレワークが急速に普及し、都市の生活者は住む場所や働く場所での感染リスクを避けるために、都市圏から地方へ生活や職場環境を移す二拠点・多拠点生活に関心を高めています。本市では、こうした社会構造の変化に対応したまちづくりを推進するため、令和4年度から令和8年度までの5年間を推進期間とする高島リビング・シフト構想を作成しました。
 この構想では、「働き方」「暮らし方」「学び方」の変化を捉え、本市の地域資源や新たな価値を発信することで、本市とつながる人(関係人口)の更なる開拓と、多様な世代の誘客による地域の活性化を目指します。

 

高島市が捉えている"リビング・シフト"とは

 本市では、コロナ禍における「都市一極集中」から『地方・分散型社会』への転換、「仕事を中心とした生き方」から『自分の価値観を中心においた新しい「生き方」「暮らし方」「学び方」』への変化のことを"リビング・シフト"と捉えています。

 

推進期間

 令和4年度から令和8年度までの5年間です。

 

高島リビング・シフト構想

  高島リビング・シフト構想(全編)

  ⇑ クリックで構想が表示されます。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 企画広報課
TEL :0740-25-8130
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :kikaku@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る