くらしの情報

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和4年1月6日)

登録日:2022年1月6日
政策部 危機管理局 防災課

 皆さん今晩は、高島市長の福井でございます。
 まずは、新年明けましておめでとうございます。市民の皆様におかれましては、ご家族お揃いで輝かしい新年をお迎えのことと存じます。本年もどうかよろしくお願いを申し上げます。

 今夜は、少しお時間をいただきまして、市内におけます新型コロナウイルス感染症の状況と、そして、3回目となりますコロナワクチン接種の予定等についてご報告をさせていただきます。
 まずは、本日、市内で新たに2名の方の感染が確認されました。本日、感染が確認されました2名のうち1名は、市が所管しております施設に勤務する市の職員であり、直接、市民の皆様と接する業務ではありませんので皆様への感染の可能性はございませんが、市といたしましては、念のために、職務等を通じまして接触者相当と判断されます複数の職員のPCR検査を実施いたすこととしております。
 また、勤務先となっております事務所等は既に消毒を実施したところでもあります。

 さて、昨年9月30日には国内の各都道府県に発令されておりました緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の全てが解除され、ようやくコロナ前の日常生活を取り戻しかけていた矢先に、新たな変異株でありますオミクロン株による感染が世界的に拡大しておりまして、既にアメリカでは1日の新規感染者数が100万人を超え、またヨーロッパ各国でも爆発的な感染拡大の様相を呈し、さらに国内におきましても、連日、新規感染者の増加が伝えられており、多くの専門家の間では、第6波に近づいているとも予測されております。
 市民の皆様におかれましては、引き続きまして、より一層の感染防止に努めていただきますようお願いを申し上げます。

 次に、3回目のワクチン接種についてでありますが、まず市内の接種状況につきましては、昨日時点で12歳以上の全ての対象者のうち、約88%の皆様に2回目の接種を受けていただき、これまで混乱することもなく、極めて順調に推移してまいりました。これもひとえに市民の皆様のご理解、ご協力はもとより、市医師会をはじめとする各医療関係者の皆様のご尽力の賜であり、あらためて心から感謝を申し上げます。
 その様な中で、3回目の接種につきましては、まずは18歳以上の方で、かつ原則として、2回目接種後8カ月以上経過した方を対象とされているところであります。
 しかしながら、政府におきましては、その接種間隔について様々な議論がなされ、現時点では医療従事者、そして高齢者福祉施設の入所者および、その従事者等は2回目接種後6カ月経過後に、65歳以上の方は7カ月後、そして、その他の方は8カ月後とされているところであります。
 このため、市といたしましては、既に昨年の12月から医療従事者等の皆様を対象に3回目の接種を開始しておりまして、今後、順次接種券をお届けする予定としております。
 具体的には、まずは65歳以上の皆様を対象に、今月26日から必要な期間が経過された皆様に順次、郵送によりましてご案内を差し上げることとなりますので、それぞれに個別医療機関もしくは集団接種のいずれかをお選びいただき、ご予約を入れていただければと存じます。
 市といたしましては、今後におきましても、引き続きまして感染防止対策や円滑なコロナワクチン接種の実施など、しっかりと対応してまいりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げますとともに、あらためまして市民の皆様におかれましても引き続き感染防止に努めていただきますようお願い申し上げまして、私からのご報告とさせていただきます。
 ありがとうございました。
 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 危機管理局 防災課
TEL :0740-25-8133
FAX番号:0740-25-8551
MAIL :bousai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る