くらしの情報

10月は不法投棄防止強調月間です。

登録日:2021年10月14日
環境部 環境政策課

10月は不法投棄防止強調月間です。

家庭ごみ、粗大ごみ、家電製品等の廃棄物を空き地、山林、河川、琵琶湖岸に不法投棄する人が後を絶ちません。不法投棄は景観を損なうだけでなく、地球環境を汚染したり、破壊したりするなど私たちの生活に悪影響を及ぼし、絶対に許されない行為です。

滋賀県では、毎年10月を「不法投棄防止強調月間」と定め、一般社団法人滋賀県産業資源循環協会などとの連携のもとに集中的な監視パトロールを展開して不法投棄の早期発見、廃棄物の適正処理指導を実施しています。

また、高島市では不法投棄監視員、高島市内郵便局、高島警察署、高島環境事務所等と連携しながら、啓発看板の設置周辺箇所等を重点に監視パトロールの実施や監視活動を通じて不法投棄撲滅に取り組んでいます。

※不法投棄者を発見したとき
確認できる範囲で投棄者が使用している車の種類、色、車両ナンバー等をメモして、次のいずれかに通報するようにお願いします。

滋賀県産業廃棄物不法投棄110番(フリーダイヤル0120-79-3853)
高島警察署(22-0110)
行為者と接触してしまった等の緊急時は、110番通報へ連絡してください。

通報の手順
1 通報者の住所、氏名、連絡先
2 不法投棄物の確認(何が捨てられているのか)
3 不法投棄されている場所
4 いつごろから不法投棄されているのか
5 不法投棄物の量


関連ディレクトリ



お問合せ先:環境部 環境政策課
TEL :0740-25-8123
FAX番号:0740-25-8156
MAIL :kankyo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る