くらしの情報

朽木不燃物処理場の直接搬入について

登録日:2021年3月31日
環境部 環境政策課

 

  『朽木地域の皆さんへ』

 朽木不燃物処理場の搬入の取り扱いについては、平成30年2月より、2t車以上の搬入は、事前申請が必要となります。

 2t車以上で搬入される場合は、搬入日の5日前までに使用許可申請書を提出してください。後日、職員が現地確認し、許可書を交付しますので、許可書を持参のうえ搬入してください。(許可書の無い場合は搬入できません。)

 なお、2t車未満の車両については、事前申請の必要ありません。

◆左官業、瓦業、タイル業、解体業など事業活動により排出されるものは、産業廃棄物となりますので、搬入できません。

◆建設業者に頼んだ場合、自宅の家屋の解体物であっても、受け入れることはできません。頼まれた先の建設業者が、産業廃棄物などとして処理する責任があります。

 

申請書提出先 朽木不燃物処理場・・・朽木支所、環境政策課

 

 

搬入できるもの

搬入できないもの

スレート瓦

タイル

スレート類

ガラス類

石膏ボード

電球

蛍光灯

陶磁器類

木くず 

レンガ

壁土(瓦葺の下地含む)

 

金属くず(一灯缶、スチール棚など)

 

液体(液体の入ったもの)

 

小型電気製品類(電気コード、アイロンなど)

 

電池、バッテリー(小型のものも含む)

   ※ 木くずが付着している物は、受入できません。(木の板に、タイルがついている場合など


関連ディレクトリ



お問合せ先:環境部 環境政策課
TEL :0740-25-8123
FAX番号:0740-25-8156
MAIL :kankyo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る