くらしの情報

家屋を取り壊されたとき

更新日:2022年4月1日
総務部 税務課 資産税チーム

家屋の固定資産税は、毎年1月1日現在で建っている家屋に課税されます。

家屋の全部または一部を取り壊した時は、必ず「建物滅失届」を税務課または各支所まで提出してください。

ただし、登記がされている家屋を取り壊して、年内に建物滅失登記をされた場合には、市役所への提出は不要です。

  〇建物滅失届PDF文書)

賦課期日(1月1日)に家屋が現存していれば、年の途中で取り壊した場合でも、その年度の固定資産税は課税されます。

 例)令和4年2月に取り壊された家屋は、令和4年度固定資産税が課税されます。

 

※前年以前に取り壊された場合は、取り壊し業者の「取壊証明書」を添付してください。


関連ディレクトリ



お問合せ先:総務部 税務課 資産税チーム
TEL :0740-25-8109
FAX番号:0740-25-8103
MAIL :zeimu@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る