くらしの情報

急速充電設備に関する火災予防条例の改正について

登録日:2021年3月2日
消防本部 予防課

 電気自動車の普及により、急速充電設備の高出力化が必要であることから、火災予防上の安全を確保した上で、安心して充電できるように高島市火災予防条例の一部を改正しました。

主な改正内容

  1. 全出力の上限を50キロワットから200キロワットまで拡大しました。
  2. 出力の上限を拡大したことに伴い、火災予防上必要な措置を追加しました。
  3. 50キロワットを超える急速充電設備については、消防への届出が必要となりました。

施行日

 令和3年4月1日

経過措置

 条例の施行の際に既に設置され、または設置の工事がされている急速充電設備の位置、構造および管理に関する基準の適用については従前のとおりです。

電気自動車等へ充電する際の注意点について

 急速充電設備に限らず、ご家庭などに設置されている普通充電設備につきましても、大きな電気を使用することから、誤った使用や乱雑な取扱いをした場合、設備の故障や事故などが発生する可能性がありますので、使用の際には、設備の操作案内や取扱説明の注意点を守っていただきご使用下さい。


関連ディレクトリ



お問合せ先:消防本部 予防課
TEL :0740-22-5403
MAIL :yobo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る