健康・福祉・教育

日本脳炎のワクチンの不足について

登録日:2021年1月29日
健康福祉部 健康推進課

日本脳炎ワクチンの製造会社の2社のうち1社が製造を一時停止したことにより、ワクチンの出荷量の調整が行われる予定です。

供給が安定するまでの間、4回の接種のうち、以下の年齢に該当する方が優先接種の対象になるため、ご理解いただきますようお願いいたします。

 ◆1期の1回目、2回目

 ◆定期接種として接種が受けられる年齢の上限が近づいている方

参考

日本脳炎の接種時期
対象年齢 標準接種年齢  回数  ワクチンの種類
【第1期初回】
生後6カ月~76カ月になる1日前までの方
3歳~4 6日以上の間隔をおいて2 不活化ワクチン
【第1期追加】
生後6カ月~76カ月になる1日前までの方
4歳~5 1期初回終了後から、おおむね1年を経過した時期に1 不活化ワクチン
【第2期】9歳~13歳になる1日前までの方 9歳~10  1 不活化ワクチン

 ※平成17年~21年度の間に日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃された方は、特例措置として不足分を無料で接種することができます。詳しくは日本脳炎予防接種の特例措置についてのホームページをご覧ください。

厚生労働省ホームページ  

  「ワクチンの供給状況について」←クリックで移動します。


関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 健康推進課
TEL :0740-25-8078
FAX番号:0740-25-5678
MAIL :kenko@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る