市政の情報

第3期高島市まちづくり推進会議を開催しました!(令和2年度)

登録日:2021年6月30日
市民生活部 市民協働課

第3期高島市まちづくり推進会議 2年目の活動について

  令和元年8月から15名の委員で構成された「第3期高島市まちづくり推進会議」が始まり、コロナウイルス感染症の影響により活動を自粛していましたが、令和2年6月から2年目がスタートし、令和3年3月にかけて、第2期で作成された「高島市の将来像」を目指して、次の2つのテーマについて、グループに分かれて活動しました。

 

テーマ

  • 市内のバス交通のあり方 

    バス等の公共交通は、高齢者や児童生徒の重要な移動手段ですが、すべての路線が赤字であるなど、
   運営経費の縮減などの多岐にわたる課題があります。
    地域や社会全体での検討が必要であるバス交通のあり方について、運営見直しのための参考となる
   提案をするため活動しました。

  • 地域とのつながりを生み出すための地域行事 

    第2期高島市まちづくり推進会議で検討された6グループの共通点を引き継ぎ、地域や人のつながりを
   はぐくむ『祭』や『地域行事』に焦点を当て、実践に向けて活動しました。

 

グループ会議

 昨年の第1回全体会議後、テーマ別でのグループ会議が始まり、市内の現状把握を行い、持続可能な仕組みや活動の検討を行っていきました。

 1.バス交通のあり方
   路線や料金、利用者数などを把握し、町史などから現在のバス交通の仕組みに至った経過等を調べてきました。バスの
  必要性や代替手段について、また、この現状を市民ひとりひとりが自分ごとととらえるために、どんな方法があるか等を
  検討しました。

   ”バスの価値って?” ”市民の移動を守るためには?”
   ”今後のバスの方向性をどう考える?”
  バスG 1  バスG 2  ばす空気 バス2空気

 

  2.地域とのつながりを生み出すための地域行事
   「地域コミュニティづくり」と「地域課題を解決する」という2つの側面を持つ地域行事の、現状や課題を
  調べてきました。そして、地域行事を持続させるために必要なことは何か、コミュニティ形成の方法が多様化
  する中で、地域行事に参加する意義やきっかけとは等について検討していきました。

   ”若者が参加しないと持続できないのでは”
   ”情報はいっぱいあるけれど、地域行事に参加しない理由って。。?”
  地域行事G 1  地域行事G 2 地域行事G 3

 

■グループ会議の進捗など

高島市まちづくり推進会議のグループ会議の様子は、Facebookページ(https://ja-jp.facebook.com/takashimamachizukuri/)に掲載しています。

 

 全体会議

 第3期高島市まちづくり推進会議「第3回全体会議」を開催しました!

 第3回全体会議では、約1年間半の活動報告を行い、3月の成果報告会に向けて、会場全員で2つのテーマについて、意見交換を行いました。
 新型コロナウイルスの影響により、久しぶりの顔合わせとなる会でしたが、それぞれの考えや思いを共有し合う場となりました。

  日  時 : 令和2年12月18日(金) 午後7時00分~午後9時00分

  会  場 : 高島市役所新館3階 会議室11,12

  内  容 : 1.委員長あいさつ
         2.スケジュール説明
         3.地域行事グループの活動報告と意見交換
         4.バス交通グループの活動報告と意見交換
         5.閉会の挨拶

 写真1 写真2 写真3

 

第3期高島市まちづくり推進会議「第4回全体会議(成果報告会)」を開催しました!

 成果報告会では、現状把握や検討を行ってきた2年間の活動について、各グループから成果報告を行い、市民や行政に向けて、提案を発表しました。市長や高島市市民協働のまちづくり推進本部員、一般参加者と会場全体で意見交換を行い、持続可能なまちづくりへの第1歩となる会議となりました。
 
 ※成果報告の内容は、関連情報から「第3期高島市まちづくり推進会議活動報告(R1~2)」をご覧ください。
 

  日 時: 令和3年3月14日(日)午後2時から

  会 場: 高島市役所新館3階 会議室10~12

  内 容: 1.委員長あいさつ
       2.市長あいさつ
       3.スケジュール説明
       4.成果報告(2グループ発表・質疑応答)
       5.意見交換会

 成果報告会4 成果報告会3 成果報告会1 


 

高島市まちづくり推進会議とは?         

 人口減少や少子高齢化が進む中、環境や教育、防犯・防災など地域社会の課題が複雑かつ多様化しており、従来の公平・画一的は行政サービスだけでは十分に対応できないことが多くなってきました。そこで高島市は、平成27年4月1日から、市民自らが感じる地域の様々な問題や地域振興について検討し、魅力あるまちづくりを推進するために高島市まちづくり推進会議を設置しています。

 

高島市の将来像って?

 「高島市の将来像」とは、第2期の推進会議の委員の皆さんが、第1期の活動報告書や、第2期の1年目で実施したワークショップなどを通して、市民が考える理想の将来の高島市を考え、作成されたのもです。
 少子高齢化が進むなど、市の状況が変化する中でも、高島市が本来もっている資源(自然、人、伝統文化、つながり等)を最大限に活かして、安心して暮らしていける高島市を目指したいという市民の思いがつまっています。
詳細については、以下より冊子データをダウンロードしていただけます。)

 高島市将来社会像

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:市民生活部 市民協働課
TEL :0740-25-8526
FAX番号:0740-25-8156
MAIL :kyoudou@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る