くらしの情報

大規模災害に備えて消防職員の参集訓練を実施!!

登録日:2020年12月18日
消防本部 警防課

 高島市には、活断層である琵琶湖西岸断層帯や花折断層帯が走っていて、これらの断層帯を震源とする地震が発生すれば、市内に甚大な被害が発生することが予測されます。

 大規模な地震が発生した時には、地割れ、地盤沈下、土砂崩れや倒壊家屋により車両が通行できなくなります。また、遠方からの消防応援が入るまでの間の初動体制が重要であることから、全消防職員を対象に参集訓練を実施しました。

 訓練は、令和2年11月の1か月間で、徒歩、自転車、バイクのいずれかの移動手段で居住地から指定された場所までの経路と所要時間を確認しました。 

参集方法円グラフ

 各職員が災害を想定して参集経路の危険個所を把握し、自分の安全を確認しながら参集しました。 

参集訓練中

☆訓練中!

  訓練結果は、訓練開始から1時間未満で参集可能な消防職員が全体の75%でした。また、5時間までには、全消防職員が参集することができました。

  参集訓練完了

☆参集訓練完了! 

 

参集結果

  今回の訓練結果を大規模災害時の初動体制に反映させ、迅速に対応できる体制を強化します。 

たかP

高島市公式Instagramイメージキャラクター「たかP」


関連ディレクトリ



お問合せ先:消防本部 警防課
TEL :0740-22-5402
MAIL :keibo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る