くらしの情報

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和2年11月18日)

登録日:2020年11月19日
政策部 危機管理局 防災課

市長メッセージ(令和2年11月18日)

 

高島市長の福井でございます。

今夜は少しお時間をいただきまして、市内におけます新型コロナウイルス感染症患者の発生に関します状況等についてご報告をさせていただきます。

まずは、本日の午後、防衛省の陸上幕僚監部広報室より、今津駐屯地で勤務されている20代の隊員の方が新型コロナウイルスの感染が確認された、との連絡が入りました。
この方は、市中感染につながるような災害派遣には従事されておられませんが、現在、高島保健所により濃厚接触者の把握などの詳細な調査や感染拡大の防止対策を行っていただいているところであります。
自衛隊の皆さんには、日頃から我が国固有の領土を守り、国民の生命・財産を守るとともに世界平和にも貢献され、万一、災害が発生した場合には、いち早く支援活動を展開いただく等、極めて崇高な任務に就かれておりまして、その為にも日夜、大変厳しい訓練を重ねていただいているところであります。
感染された方の一日も早い回復を願いますとともに、市民の皆様におかれましては、こうした状況をご理解いただいたうえで、これまでからも繰り返しお願いしておりますように、感染された方は勿論の事、そのご家族、さらにはその対応に当たっていただいております医療従事者の皆様などに対します偏見や言われなき誹謗中傷などは、厳に謹んでいただくなど、人権的な配慮につきましても、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

さて、国内の感染者数は、連日過去最多を更新し、本日一日だけで初めて2,100名を超える方の感染が確認されたと報道でも伝えられております。
また、日本医師会の会長からは、このような全国的な感染拡大の状況について、第3波と考えていいのではないかとの発言も聞かれ、このまま全国的な感染者の急増が続けば、我が国の医療提供態勢が逼迫するのは明らかと、強い警戒感も示されております。

一方、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発につきましては、早期の実用化を目指し、国内・海外で多数の研究が進められておりまして、既に臨床試験も行われるなど、今後の実用化の段階を迎えることが期待されております。
このため、市といたしましては、市民の皆様がスムーズにワクチン接種を受けていただくために受診履歴を登録するためのシステム改修の準備を進める等、万全の体制を整えているところでもあります。
今後とも市民の皆様の健康をお守りいたしますために、しっかりと取り組んでまいりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

市民の皆様におかれましては、これから年末年始を迎えるにあたりまして、様々な会合の機会などがあると存じますが、特に、飲酒を伴う懇親会、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、あるいは仕事から休憩室などへの居場所の切り替わりなど、感染リスクが高まる5つの場面で、あらためて基本的な対策を徹底いただきますようお願いをいたします。

今年の冬の長期予報では、冬型の気圧配置が続き、平年並みの雪が降るのではないかといわれておりますが、市民の皆様におかれましては、インフルエンザの予防とあわせまして、くれぐれも健康にご留意をいただきますようお願い申し上げ、私からのご報告とさせていただきます。
ありがとうございました。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 危機管理局 防災課
TEL :0740-25-8133
FAX番号:0740-25-8551
MAIL :bousai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る