くらしの情報

ごみを減らすための「4R運動」を心がけましょう!

登録日:2020年9月17日
環境部 環境政策課

 私たちの生活は便利で豊かになった一方で、大量生産・大量消費の生活様式により多くのごみを発生させています。

 そして、そのごみを運搬し、焼却したりすることで二酸化炭素などの温室効果ガスを排出し、それが地球温暖化の要因の一つにもなっています。

 また、ごみの処理には膨大な費用がかかっており、市の財政に影響を与えています。限られた資源を効果的に使うためにも、ごみを減らしていく必要があります。

 ごみ減量を進めるためには、皆さんお一人おひとりが「ごみを減らす意識」を持つことが大切です。

 「4R運動」を心がけ、環境にやさしい、無駄のない生活を目指しましょう。

4R運動とは

 次の4つの英語の頭文字「R」をとった、ごみを減らす取り組みのことです。

 ※4つの「R」には優先順位があり、これらの取り組みを優先度順に行うことで「ごみ減量」の効果が高くなります。

   1.Refuse(リフューズ):買わない・断る

   2.Reduce(リデュース):減らす

   3.Reuse(リユース):繰り返し使う

   4.Recycle(リサイクル):資源として再生利用する

1.Refuse(リフューズ)

 不要なものを買わない・断る。

 マイバッグを持参し、レジ袋や包装紙は断る。

 弁当の割りばしやスプーンを断り、マイはしを使う。

2.Reduce(リデュース)

 使用量や購入量を減らす。

 洗剤やシャンプーなどは詰め替えて利用する。

 食材は余ることがないよう、必要な分だけ購入する。

3.Reuse(リユース)

 一度使って廃棄するのではなく、再利用する。修理などして繰り返し使う。

 使い捨て容器ではなく、ビンなどのように何度も使える容器を選ぶ。

 フリーマーケット、リサイクルショップ、バザーを活用する。

4.Recycle(リサイクル)

 資源として再生利用できるリサイクル品を選び、資源を循環させる。

 資源になるものは、ごみ出しのルールにしたがって正しく分別する。

 生ごみ処理機やコンポスト容器を使い、生ごみをたい肥にする。 

参考に・・・

 環境政策課ではごみ減量の一環として、ダンボールコンポストに取り組んでいます。4R運動のうち、リデュースにもつながりますので、皆さんもぜひ取り組んでみてください。(下記の関連情報からリンク先へお進みください。)

                                                 スリムヤン


関連ディレクトリ



お問合せ先:環境部 環境政策課
TEL :0740-25-8123
FAX番号:0740-25-8156
MAIL :kankyo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る