くらしの情報

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和2年8月12日)

登録日:2020年8月12日
政策部 危機管理局 防災課

市長メッセージ(令和2年8月12日)

 

高島市長の福井でございます。

市内におけます新型コロナウイルス感染症患者の新たな発生などについてご報告をさせていただきます。

本日、市内で2例目となります新型コロナウイルス感染症患者が確認されたと県から連絡がありました。
感染されました方の一日も早い回復をお祈り申し上げますとともに、市民の皆様におかれましては、これまでからもお願いをしておりますように、感染された方やそのご家族、さらにはその対応に当たっていただいております医療従事者の皆様に対します偏見や言われなき誹謗中傷などは、厳に謹んでいただくなど、特に人権的な配慮につきましても、ご理解賜りますようお願いを申し上げます。

一方、国内での感染者は既に5万人を超え、連日のように新規の感染者数が報道等により伝えられております中で、もうすぐ各ご家庭では、お盆を迎えられることとなりますが、あらためまして、3密を避けるなどの基本的な感染防止対策を徹底していただき、特に高齢者などには感染が広がらないよう、注意をお願いいたしますとともに、少しでも体調不良の場合には、帰省を控えていただくなど慎重な対応をお願いいたします。

そのような中で、市では、先日、第18回目となります対策本部会議を開催し、当面の対処方針等を決定いたしますとともに、その内容につきましては、市のホームページでお知らせしているところでありますが、この機会に私から2点ご報告をさせていただきます。

まず、1点目は、高島市民病院におけます新型コロナウイルス感染症の検査体制の充実・強化についてであります。
これまでの検査は、高島保健所と連携して行うPCR検査や、抗原検査を実施しているところでありますが、市民の皆様の健康を守りますためにも、早急に市民病院独自のPCR検査体制を整える必要があると判断をし、現在、検査機器の導入も含めまして、検査体制の準備を進めているところであり、早ければ今年の10月にも運用を開始したいと考えておりまして、環境が整い次第、市民の皆様にお知らせできればと考えております。

次に2点目といたしましては、現在、コロナ禍で厳しい経営状況にあります市内事業者の皆様の事業継続を支援させていただくため、市独自の支援策第4弾といたしまして、「高島がんばる事業者サポート給付金」の制度を創設いたしました。
この支援制度は、市内全ての中小法人、そして個人事業主の皆様を対象に、前年の各月と比較して売上等が30%以上減少した期間がある場合に、10万円の給付を行うこととし、昨日の8月11日より受付を開始したところであります。
この申請手続きにつきましては、市役所本庁の商工振興課と各支所で受付を行っておりますので、支援制度の詳細などにつきまして、お気軽にお問合せをいただきますようお願いをいたします。

現在、世界の感染者数が2,000万人を超えていると伝えられております中、一方で世界各国では、ワクチンや治療薬等の研究開発が進められており、一部には実用化のスケジュールも示されますとともに、日本政府もアメリカやイギリスの製薬会社との間で、協議が整い、ワクチンの必要量を確保した事などのニュースも伝えられるなど、一刻も早いワクチンや治療薬の開発が待ち望まれるところであります。

市民の皆様におかれましては、社会経済活動や日々の暮らしの中で、新型コロナウイルスと向き合っていかなければならない大変難しい状況ではありますが、引き続きまして、より一層の感染症対策に意を用いていただきますようお願いをいたします。
梅雨が明けましてからは、連日うだるような暑さが続きますが、マスクの着用によります熱中症対策などの健康管理にもご留意をいただきますようお願い申し上げ、私からのご報告とさせていただきます。
 

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 危機管理局 防災課
TEL :0740-25-8133
FAX番号:0740-25-8551
MAIL :bousai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る