観光・イベント

「令和2年度 団体客誘致支援助成金」について!!

登録日:2020年7月29日
商工観光部 観光振興課

~当該助成金制度の再開および申請期限について~

 近畿2府1県に発出されておりました緊急事態宣言の解除に伴い、一時停止しておりました当該助成金制度の運用を3月1日より再開します。ただし、首都圏の1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)につきましては、緊急事態宣言が継続されていることを踏まえ、当該地域からのものについては、解除されるまでの期間を当該助成金の対象外とします。

 また、当該助成金の申請は、30日以内または令和3年3月31日のいずれか早い日までとなっており、特に3月分は早急に申請をしていただく必要があります。申請期限が過ぎますと当該助成金を交付できないこととなりますので、助成対象となられる団体等におかれましては、遺漏なきようお早めに申請いただきますようお願いします。

   

 

【趣旨】

 新型コロナウイルス感染症により団体客の減少など多大な影響をお受けになられている宿泊事業者を支援するため、市内の宿泊施設を利用する団体等に対して宿泊ならびにバス(行きと帰りの車両変更等は1台とみなします。原則として、行き(チェックイン時)に利用するバスの台数となります。)にかかる費用を助成します。

 詳しくは、下記をクリックしてください。

    ☟ ☟        ☟ ☟ 

   概要☆   ☆助成金フロー図

 

~新型コロナウイルス感染予防対策について~

 新型コロナウイルス感染症感染拡大を防止するためには、受入側である宿泊事業者の感染予防対策の徹底と高島市へお越しいただくひとりひとりの感染予防対策がどちらも必要となりますので、皆様のご協力をお願いします。

◇宿泊事業者の皆様へ◇

 「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」等を参照し、感染予防対策の徹底をお願いします。

≪参考~GoToキャンペーンの感染拡大防止にあたっての措置(参画要件)≫

・チェックインに際しては、直接の対面を避けるなど、感染予防対策を講じた上で旅行者全員に検温と本人確認を実施することができる。

・旅行者に検温等の体調チェックを実施し、発熱がある場合や風邪症状がみられる場合には、週末も含め保健所の指示を仰ぎ、適切な対応をとることができる。

・浴場や飲食施設等の共用施設の利用について、人数制限や制限時間などを設け、三密対策を徹底することができる。

・ビュッフェ方式において、食事の個別提供、従業員による取り分け、もしくは個別のお客様専用トングや箸等を用意し共用を避けるなど料理の提供方法を工夫し、また、座席の間隔を離すなど、食事の際の三密対策を徹底する。

・客室、エレベーターなどの共用スペース等の消毒、換気を徹底すること。

・「参加条件」を徹底、実施している旨をホームページやフロントでの掲示等で対外的に公表すること。

・旅行商品の予約、購入時や宿泊施設でのチェックインの際等に、旅行者が順守すべき事項を周知徹底する。また、若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は一般的にリスクが高いと考えられるため控えることが望ましい。ただし、それだけをもって一律に支援の対象外とするものではなく、修学旅行、教育旅行などのように、着実な感染防止対策が講じられることを前提に、適切に旅行が実施されるべきことを周知徹底する。

 ◇高島市へお越しいただく皆様へ◇

・「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」にご協力をお願いします。

・可能な限り三密(密閉・密集・密接)を回避いただきますようお願いします。

・健康管理に努め、風邪症状がみられる場合は、外出をお控えいただきますようお願いします。

・宿泊事業者から検温などの要請があった場合は、ご協力をお願いします。

 

  

 ☝ ☝ 助成金の概要は、『高島市【公式】YouTubeチャンネル』でも動画でお伝えしていますので、そちらも是非ご覧ください。

 

 

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:商工観光部 観光振興課
TEL :0740-25-8040
FAX番号:0740-25-8156
MAIL :kanko@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る