健康・福祉・教育

7月の学校給食

登録日:2022年7月1日
教育委員会事務局 教育指導部 学校給食課

  令和4年7月の学校給食を紹介します! 

 1学期も残りわずかとなりました。夏の暑い日はどうしても食欲が落ち、冷たい食べ物や飲み物に手を出しがちです。夏ばてを防ぐためには、毎日、早寝・早起きと三度の食事をしっかりとり、規則正しい生活を送ることが大切です。今月は旬の夏野菜や果物を献立にたくさん取り入れています。しっかり食べて暑さに負けない体をつくりましょう。

 

☆びわ湖の日 7月1日(金)

 滋賀県では、びわ湖の環境保全についての理解を深めるため、7月1日を「びわ湖の日」と定めています。給食ではこの日にちなみ、びわ湖でとれた「小あゆ」を使った献立を実施します。身近なびわ湖の恵みに感謝して、味わっていただきましょう。

 

☆七夕給食 7月7日(木)

 7月7日は七夕です。七夕は、桃の節句や端午の節句と同じく、五節句のひとつです。給食では七夕にちなんで、「星のコロッケ」や星形のかまぼこを使ったすまし汁、七夕デザートが登場します。

 

☆もりもり高島っ子の日 7月11日(月)

 今月は「夏の食生活について知ろう」をテーマに「暑さに負けない給食」をお届けします。豚肉に多く含まれる「ビタミンB1」とたまねぎに含まれるアリシンは、エネルギー代謝を助け、疲れをとるはたらきがあります。暑さで疲れが出たり食欲が落ちたりしやすい時期ですが、しっかり食べて、夏ばてしない体をつくりましょう。

 

☆高島デー 7月19日(火)

 今月は、高島市内でとれた旬の夏野菜をたくさん入れた「夏野菜カレーライス」です。また、高島市内で栽培された「メロン」も登場します。野菜や果物を育ててくださった方に感謝して、おいしくいただきましょう。

 

☆今月の高島市共通地場産食材

 今月の給食で使用する「米」「黒米」「米粉」「みそ」「卵」「大豆」「しいたけ」は高島市で栽培、加工されたものを使用します。また、びわ湖でとれた「小あゆ」も使用しています。その他、たまねぎ、きゅうり、ピーマン、だいこん、じゃがいも、なす、メロン、すいかなど地元の食材を使用しています。自然の恵みに感謝していただきましょう。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 教育指導部 学校給食課
TEL :0740-32-1716
FAX番号:0740-32-0137
MAIL :g-hoken@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る