くらしの情報

高島市空き家活用モデル事業について

登録日:2020年5月25日
市民生活部 市民協働課

 

事業目的

空き家の多様な活用を進めるため、今後のモデルとして先進的な事例となる用途(体験学習施設、創作活動施設、交流施設、文化施設等)として支出した空き家の取得費、改修工事費等を補助対象とし、モデル事業を通じて、地域の活性化を図ることを目的としています。

補助率等   

補助率は3分の2、補助上限額は500万円

補助対象経費

補助対象建築物の取得費(用地費を除く)、改修工事等に要する費用、補助対象建築物の所有者の特定に要する経費

補助の対象者

 以下の(1)から(9)までのいずれも満たすものであること

(1) モデル事業の開始後、10年以上継続して事業を実施する意思があること

(2) 地域の良好な生活環境の維持や周辺環境との調和に留意してモデル事業を実施する

     こと

(3) ホームページ、ブログ、ソーシャルネットワークサービス、チラシ、リーフレット

         等を用いてモデル事業の進捗や活動状況等を継続的に情報発信できること

(4) 市ホームページへの掲載等市の広報において事例として紹介することについて建築

         物の所有者および補助対象者が了承していること

(5) 暴力団または暴力団員でないこと

(6) 政治活動を目的としない個人または団体であること

(7) 市税その他市の徴収金に滞納がないこと

(8) モデル事業にかかる改修工事は、市内に事業所を有する法人または個人で土木、建

         築およびこれに附帯する工事等を行う者と契約して行うものであること

(9) 令和3年1月末までに事業を完了すること

対象の建築物

以下の(1)から(4)までのいずれも満たすものであること

 (1)高島市内の空き家(1年以上現に人が入居せず、または人が使用していない建築物)

        を利用すること

 (2) 過去にこの補助金または高島市若者定住促進条例に係る若者の住宅確保の支援に関す

        る規則に基づく補助を受けて工事を行った建築物でないこと

 (3) 昭和56年6月1日以降に新築工事に着工した建築物または実績報告の時点において

        耐震 基準に適合している建築物であること

 (4) 国または地方公共団体が所有する建築物でないこと

 申請方法

 申請は工事着手前に担当窓口で行っていただきます。

応募期間

 令和2年9月30日まで

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:市民生活部 市民協働課
TEL :0740-25-8526
FAX番号:0740-25-8156
MAIL :kyoudou@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る