くらしの情報

避難場所での新型コロナウイルス感染症対策

更新日:2020年5月15日
政策部 危機管理局 防災課

災害時には、断水等による衛生環境の悪化や広域避難場所など密集した環境での集団生活により、ノロウイルス等による感染性胃腸炎をはじめ、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染リスクが高まります。

災害時に避難する場合には、3つの密(密閉・密集・密接)を避け、しっかりと感染症対策を行うことが大切です。

「自らの命は自ら守る」意識を持ち、災害時の対応を想定しておくとともに、命や体を守るためには何が大切かを考え、日頃からしっかりと備えておきましょう。

 

最適な避難方法・避難場所を決めておきましょう!

「避難」とは「難」「避」けることです。

感染リスクを考えた時に、水害・土砂災害に対して自宅が安全な場合は、2階に垂直避難するなどその場に留まっておくこと(在宅避難)が最も避難に適しているとも考えられます。

自宅が土砂災害警戒区域や洪水・浸水リスクが高い場所にある場合は、広域避難場所への避難のほか、安全な親戚・知人宅や近所の自治会館などに避難することも検討しておきましょう。

 避難行動判定フロー 避難情報のポイント

(出典:内閣府「避難行動判定フロー」) 

あらかじめ総合防災マップなどでご自宅や周辺のリスクを確認し、それぞれにとって最適な避難方法や避難場所を決めておきましょう。

高島市ホームページ「高島市総合防災マップ」

滋賀県ホームページ「滋賀県防災情報マップ」

タイムラインを活用し、災害時に発生する状況を想定し、「いつ」「誰が」「何をするのか」ということをあらかじめ整理しておきましょう。

高島市ホームページ「高島市台風接近時タイムライン」をご確認ください。 

高島市台風接近時タイムライン

ご自身が不安を感じた時、危険であると判断した時が避難のタイミングです。市役所からの指示を待たずに、早めの避難行動を心がけてください。

高島市ホームページ「 防災情報の発表方法が変わります!」

「警戒レベルチラシ」(滋賀県作成)

 

避難場所で気を付けるべきポイント!

基本的な感染症対策の徹底

・マスクの着用やこまめな手洗いなど、基本的な感染症対策を徹底しましょう。 

 

十分な換気の実施やスペースの確保

・避難場所では、十分な換気を心がけましょう。

・3つの密(密集・密閉・密接)を避け、十分な人との距離を確保するようにしましょう。

・間仕切り(パーテーション)を活用するなど、なるべく対面を避け、背を向けて座るようにしましょう。

 

健康状態の確認

・体調チェックをこまめに行い、発熱やせきなどの症状がある方は、早めに申し出てください。

 

避難時の非常持出品の準備

・マスク体温計アルコール消毒液ビニール袋などを、あらかじめ準備している避難時の非常持出品に加えておきましょう。

(アルコール除菌できるウエットティッシュなどの衛生用品や常備薬などについても、家族構成に応じて忘れずに準備しておきましょう。)

※市の備蓄物資には限りがあります。可能な限り、必要なものはご自身でご準備ください。

※必要なものをすぐに持ち出せるよう、「日頃からの準備」「早めの避難行動」をお願いします。

 

衛生環境の確保

・物品等は定期的に、また目に見える汚れがある時には、家庭用洗剤を用いて清掃するなど衛生環境をできる限り整えましょう。

 

参考情報 

新型コロナウイルス避難生活お役立ちサポートブック(制作:JVOAD避難生活改善に関する専門委員会)

厚生労働省ホームページ「災害時における避難所での感染症対策」

内閣府ホームページ「避難所における新型コロナウイルス感染症への更なる対応について」

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 危機管理局 防災課
TEL :0740-25-8133
FAX番号:0740-25-8551
MAIL :bousai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る