健康・福祉・教育

外出自粛時の運動・スポーツの実施について

登録日:2020年5月29日
教育委員会事務局 教育総務部 市民スポーツ課

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、不要不急の外出を自粛し、他者との接触を8割程度減らすことが必要とされています。その一方で、健康を維持するためには、体を動かすことや、スポーツを行うことも大切となります。そこで今回は皆さんに、
「外出自粛時において、安全に運動・スポーツに取り組んでいただくためのポイントや簡単に行える運動不足解消法をお知らせします!」
 

1.安全に運動・スポーツをするポイント

  ・体調をチェックする
  ・感染防止の3つの基本(十分な距離の確保・マスクの着用・手洗い、手指消毒)を徹底する
  
・三つの密(密閉・密集・密接)にならないようにする
  ・ウォーキング、ジョギングを行う場合は次のことに留意する
  →→ ・一人又は少人数で実施
     ・すいた時間、場所を選ぶ
     ・他の人との距離を確保
     ・すれ違う時は距離をとる

  ・その他の運動、スポーツ(筋トレ・ヨガなど)を行う場合は次のことに留意する  
  →→ ・筋トレ、ヨガ等は、動画等を活用し、自宅で行う
     ・こまめに換気を行う


◆安全に運動・スポーツをするポイント
◆安全に運動・スポーツをするポイントは?

2.自宅でできる運動不足解消法「生活アクティブ体操」

「生活アクティブ体操」は、身体活動量が減ることによって起こる様々な健康問題の予防・改善を目的に考えられた体操です。テレビを見ながらや台所でできる体操も紹介していますので、ぜひ皆さんの暮らしに取り入れていただき、日々のリフレッシュにつなげましょう。
◆「生活アクティブ体操」

3.「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

新型コロナウイルス感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。このような「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントは以下のとおりです。

・暑さを避ける
・適宜マスクをはずす
・こまめに水分補給をする
・日頃から健康管理をする
・暑さに備えた体作りをする

※高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意してください。3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲からも積極的な声かけをお願いします。
◆「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント


関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 教育総務部 市民スポーツ課
TEL :0740-25-8560
FAX番号:0740-25-8145
MAIL :sports@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る