くらしの情報

市税の納付にお困りの方には徴収猶予の制度があります

登録日:2020年5月15日
総務部 納税課

 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が大幅に減少したことで、市税の納付にお困りの方は、申請により、最大1年間徴収の猶予を受けることができます。

(注)徴収猶予は納期限を一定期間延ばすものであり、税額を減額するものでありません。
 〈対象となる方〉

以下の(1)(2)のいずれも満たす方

(1)新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

(2)納期限内に納税を行うことが困難であること。

〈対象となる税目〉

 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する税目。

 市民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税などが対象。 

 

徴収猶予の特例の申請方法

◎徴収猶予の特例の申請時には以下の点をご留意ください。

1.納期限前から相談できますので、お早めの相談をお願いします。

2.猶予期間内の途中であっても事業の状況に応じて、計画的に分割納付をすることができます。

◎以下の提出書類を、納期限までに市役所納税課へ郵送してください。

・徴収猶予の特例の申請書等 ※高島市ホームページに掲載

 (市役所納税課に連絡をいただければ、郵送でお送りします。)

・預金通帳、売上帳、給与明細書等の前年・当年の収支状況がわかる書類

 (コピーで結構です。)

 

ご不明な点は、納税課にお問合せください。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:総務部 納税課
TEL :0740-25-8522
FAX番号:0740-25-8103
MAIL :shutai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る