健康・福祉・教育

12月の学校給食

登録日:2019年12月2日
教育委員会事務局 教育指導部 学校給食課

令和元年12月の学校給食について

 

今年も、一年の締めくくりの月になりました。朝夕は冷え込み、日中は暖かくと気温差が激しく、体調を崩しがちです。空気が乾燥する冬は、かぜなどが流行しやすい時期です。かぜに負けない丈夫な体をつくるために、栄養バランスのよい食事をとり、規則正しい食生活を送りましょう。

 

☆もりもり高島っ子の日 12月11日(水)

今月は、「食べ物と健康について知ろう」を食育目標に「ビタミンたっぷり給食」をお届けします。

野菜に含まれるビタミンAとビタミンCには、皮膚や粘膜を保護し、体の抵抗力を高める働きがあり、風邪の予防に役立ちます。この日の献立の「おでん風煮込み」や「いそかあえ」は、旬の大根や白菜、こまつなを使っています。冬にとれる野菜は、ビタミン類が豊富で体を温める働きがあります。給食をしっかり食べて、体の中から温まりましょう。

 

☆リクエスト給食 12月16日(月)

 今日はリクエスト給食です。安曇川中学校3年生の佐山璃央(さやまりお)さんが考えた「受験応援給食」です。「受験に勝つ」でみそカツを取り入れ、いろどりサラダで風邪予防できる献立です。受験生が受験勉強を頑張れるように考えられています。おいしく食べて受験生を応援しましょう。

 

☆高島デー・冬至給食 12月18日(水)

今月は、びわ湖でとれたいさざのから揚げや、かぼちゃと小豆を一緒に煮た“いとこ煮”を献立に取り入れています。日本では昔から冬至にかぼちゃを食べる風習がありました。「ビタミン豊富なかぼちゃを食べて、元気に冬を乗り越えよう」という先人の知恵に学びながら味わって食べていただきましょう。

 

☆クリスマス・給食 12月20日(金) 

 今年最後の給食は、少し早いクリスマスメニューです。とり肉のガーリック焼き、星型のかまぼこが入ったコンソメスープ、クリスマスデザートなどがつきます。クラスのみんなで楽しみながらいただきましょう。

 

☆今月の高島市共通食材

黒米、卵、米粉は、高島市で生産または加工されたものを使用します。その他、一部のセンターでは、大根、さつまいも、キャベツ、白菜、葉ねぎ、小松菜、ほうれんそう、ブロッコリー、にんじん、かぼちゃ、大豆なども地元産を使用する予定です。自然の恵みに感謝しておいしくいただきましょう。

 

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 教育指導部 学校給食課
TEL :0740-32-1716
FAX番号:0740-32-0137
MAIL :g-hoken@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る