くらしの情報

旧姓(旧氏)併記について

登録日:2019年10月31日
市民生活部 市民課

住民票、個人番号カード等への旧姓(旧氏)の記載が可能となる住民基本台帳法施行令等の改正が平成31年4月17日に
公布され、令和元年11月5日より施行されます。

住民票に旧姓(旧氏)を併記することにより、婚姻等により氏に変更があった場合でも、従来称してきた氏を個人番号カード等に併記し、公証することができます。また、住民票に旧氏が記載されると旧氏での印鑑登録も可能になります。

【施行日】
令和元年11月5日(火)

【請求方法】
市民課及び各支所に設置の「旧氏記載請求書」を記入の上、窓口へ提出していただきます。
(申請は住所地市町村に限ります。)

【持参物】
・戸籍謄本等
希望される旧姓(旧氏)が記載されている戸籍謄本等から現在の氏が記載されている戸籍に至る全ての戸籍謄本等が
必要となります。
・本人確認できるもの
・個人番号カードまたは通知カード
 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:市民生活部 市民課
TEL :0740-25-8018
FAX番号:0740-25-8102
MAIL :shimin@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る