観光・イベント

「高島市地域通訳案内士育成研修」の受講者募集について!!

登録日:2019年10月1日
商工観光部 観光振興課

 近年増加する外国人観光客の満足度向上および市内周遊の促進を目的として、市内に関する知識を持った、質の高いガイド「高島市地域通訳案内士」の育成に取り組みます。

 これは観光庁の同意が得られた「高島市地域通訳案内士育成等計画」に基づき、語学、観光資源等の座学に加え、観光地における実務研修を行うものです。

 なお、本研修は、市内の産業における新たな雇用創出を促進する目的で事業を展開する高島地域雇用創造協議会が実施するセミナーで行います。

 申込期限:令和元年11月13日(水)まで

 定員:20名(応募者多数の場合は抽選)

 申込先:高島地域雇用創造協議会

        TEL:0740-25-5731 FAX:0740-25-5732

        メール:info@takashima-shigoto.jp

        ホームページ:http://www.takashima-shigoto.jp

  詳しくは、募集要項をご覧ください。

 

~参 考~

□通訳ガイド制度

 2018年1月4日に改正通訳案内士法が施行され、通訳案内士の名称が「全国通訳案内士」となったほか、通訳案内士の業務独占規制が廃止され、資格を有さない方であっても、有償で通訳案内業務を行えるなど、通訳案内士制度が大きく変わりました。

□通訳案内士法の主な改正内容

(1)業務独占規制の廃止・名称独占規制のみ存続

(2)地域通訳案内士制度の全国展開

 これまでの特例法に基づき導入されていた各地域特例ガイドについて、通訳案内士法の本則に位置づけ、新たに「地域通訳案内士」制度として全国展開を図ることとされた。この法改正により、これまでの「地域限定通訳案内士」と「地域特例通訳案内士」は「地域通訳案内士」とみなされます。

(3)全国通訳案内士試験の試験科目の見直し、既有資格者に対する観光庁の研修の実施

(4)全国通訳案内士に対して登録研修機関研修受講の義務づけ

□全国通訳案内士とは

 報酬を得て外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をすることができる国家資格であり、全国通訳案内士試験に合格し、居住する都道府県知事の登録が必要となります。

□地域通訳案内士とは

 特定の地域において、報酬を得て外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をすることができる。地域通訳案内士は、特定の地域において、その固有の歴史、地理、文化等の現地情報に精通した者であり、各自治体が行う研修を通じて地域通訳案内士として登録を受ける必要があります。

□地域通訳案内士になるには

 各自治体が「地域通訳案内士育成等計画」を定め、観光庁長官の同意を得て、その計画に記載された研修を受講することにより、地域通訳案内士として登録を受けることが可能になります。また、地域通訳案内士として登録を受けた方は「地域通訳案内士登録証」が交付されます。

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:商工観光部 観光振興課
TEL :0740-25-8040
FAX番号:0740-25-8156
MAIL :kanko@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る