くらしの情報

令和2年度 保育所・幼稚園・認定こども園の新規入園申し込みについて

登録日:2019年9月2日
子ども未来部 子育て支援課

 令和2年度の新規入園または在園児童で認定変更および転園が必要な児童について、次のとおり申し込み受付を行います。

(1)対象者について
●入園希望月の1日現在で生後6か月以上の児童
●令和元年度(平成31年度)の申し込みをしたが、利用施設が決定していない児童
●育児休業の期間満了等により、年度途中の利用を必要とする児童
●令和2年4月から認定区分の変更(2号認定⇔1号認定)および転園が必要な在園児童
●満3歳以上で、教育を希望する児童

(2)申し込み関係書類の配布場所について
●説明会会場(令和元年9月7日(土)および8日(日)の当日に配布します。)
●市内の保育園・幼稚園・認定こども園
●子育て支援課
●カンガルー教室
●マキノ児童館
●各支所

(3)教育・保育給付認定について
 子ども・子育て支援新制度では、保育所等の利用をする場合は、市から教育・保育給付認定を受ける必要があります。認定を受けた場合、「支給認定証」を交付します。
特定教育・保育施設の区分
※支給認定証の交付を受けても、施設の利用が必ずできるわけではありません。

 高島市では、認定区分に応じて次の特定教育・保育施設があります。
特定教育・保育施設の種類

(4)申し込みの注意事項について
●令和2年度の申し込みは、令和元年10月16日(水)から令和2年2月28日(金)まで一斉申込(一次~四次調整)で受付し、一斉申込終了後の令和2年3月以降は随時申込として受付します。育児休業明けで職場復帰する等、一斉申込(一次~四次調整)時点で令和2年度中に保育の必要性がある児童は、必ず申し込みを行うようにしてください。
●一斉申込終了後の令和2年3月以降の随時申込は、令和2年5月以降入園希望での受付となります。
●令和元年10月16日(水)から令和2年2月28日(金)までに行う一次申込(一次調整)は、高島市役所本庁舎(子育て支援課窓口)では受付しませんのでご注意ください。
●公立園の1号認定、公立園および私立園の2号・3号認定の申し込みは、第1希望の施設の受付日にお越しください。受付日に都合がつかない場合は、受付期間内であれば他の受付日でも申し込みをすることができます。
●1号認定の受付は、公立園と私立園で申込先や受付日が異なりますのでご注意ください。
●利用を希望する施設は、事前に見学されることをお勧めします。あらかじめ見学のうえ、保育内容や送迎等をご確認いただき、入所の意思のある施設をご記入ください。
●必要書類が不備なく全て揃っていなければ受付できません。昨年度から様式が変わっている必要書類がありますので、必ず最新の様式でご準備いただき、記入漏れがないか等、保護者自身が確認のうえ、申し込みをしてください。また、消えるペン、修正液、修正テープ等を使用した必要書類は受付できません。
 

幼稚園、認定こども園(幼稚園部)の一斉申込について

支給認定
 1号認定子ども
対象施設
【私立認定こども園(幼稚園部】
愛隣こども園、なないろこども園、安曇川はこぶね保育園、しろふじ保育園、中央ユニバーサルこども園、藤波こども園
【公立認定こども園(幼稚園部)】
マキノ東こども園、マキノ西こども園、朽木こども園、高島こども園
【私立幼稚園】
今津幼稚園
【公立幼稚園】
さくら幼稚園、なのはな幼稚園
受付期間等
【受 付 期 間】公立園:令和元年10月25日(金)~31日(木)※土・日の閉庁日は除きます。
       私立園:利用希望施設にお問い合わせください。
【受付場所等】第1希望の施設(日時は次のとおり)
1号認定 一斉申込
※一斉申込期間中は、高島市役所本庁舎(子育て支援課窓口)で受付は行いません。
※マキノ東こども園が第1希望の施設である児童の申し込み受付は、マキノ西こども園で行います。
※10月30日(水)は、朽木こども園で1時間のみの受付ですのでご注意ください。
※公立園の1号認定の受付は、必要書類の確認のみで面接はありませんが、2号・3号認定の受付と同時に行うため、混雑時にはお待ちいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
※公立園の第1希望の施設の受付日に都合がつかない場合は、他の受付日でも申し込みをすることができます。

保育園、認定こども園(保育園部)の一斉申込について

 次のとおり、一斉申込を一次~四次調整に分けて受付を行います。

支給認定
 2号認定子ども
 3号認定子ども
対象施設
【私立認定こども園(保育園部】
愛隣こども園、なないろこども園、安曇川はこぶね保育園、しろふじ保育園、中央ユニバーサルこども園、藤波こども園
【公立認定こども園(保育園部)】
マキノ東こども園、マキノ西こども園、朽木こども園、高島こども園
【公立保育園】
今津東保育園、古賀保育園、さくら保育園、なのはな保育園
 

一斉申込(一次調整)

【受 付 期 間】令和元年10月16日(水)~31日(木)※土日祝日等の閉庁日は除きます。
【受付場所等】第1希望の施設(日時は次のとおり)
2号・3号認定 一斉申込(一次調整)
※一斉申込(一次調整)期間中は、高島市役所本庁舎(子育て支援課窓口)で受付は行いません。
※マキノ東こども園が第1希望の施設である児童の受付は、マキノ西こども園で行います。
※10月30日(水)の今津東保育園、朽木こども園、古賀保育園は、それぞれ1時間ずつの受付のみですのでご注意ください。
※2号・3号認定の受付時に子育て支援課による面接を行いますので、申込児童分の母子健康手帳をお持ちいただき、児童同伴でお越しください。
※受付は必要書類の確認と面接を同時に行うため、混雑時にはお待ちいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
第1希望の施設の受付日に都合がつかない場合は、他の受付日でも申し込みをすることができます。この場合でも、面接を受付時に行いますので、児童同伴でお越しください。
※保育を必要とする事由が「求職活動」の児童は、二次調整で利用調整します。ただし、保育所等利用調整(入園のしおりP12~13)において、『2 調整区分』の『13 保育士』に該当する児童は除きます。
 

一斉申込(二次~四次調整)

 一斉申込(一次調整)受付後は、次のとおり受付をします。必要書類等は一斉申込(一次調整)と同様です。

二次調整
【対象者】
(1)一次調整で受付をした児童(保育を必要とする事由が「求職活動」)
(2)一次調整で入所保留になった児童
(3)令和元年12月27日(金)までに受付をした児童
【受付場所】
高島市役所 子育て支援課(新館1階)

三次調整
【対象者】
(1)二次調整で入所保留になった児童
(2)令和2年1月31日(金)までに受付をした児童
【受付場所】
高島市役所 子育て支援課(新館1階)

四次調整
【対象者】
(1)三次調整で入所保留になった児童
(2)令和2年2月28日(金)までに受付をした児童
【受付場所】
高島市役所 子育て支援課(新館1階)
 

随時申込について

 一斉申込終了後は、随時申込を受付します。

【受付期間】
令和2年3月1日以降随時 利用希望月の前々月の末日まで
(土日祝日等の閉庁日は受付していません。末日が閉庁日の場合は、直前の開庁日)
【受付場所】
高島市役所 子育て支援課(新館1階)
【受付時間】
8時30分~17時15分
※各支所および施設では受付できません。
※2号・3号認定の受付時に子育て支援課による面接を行いますので、申込児童分の母子健康手帳をお持ちいただき、児童同伴でお越しください。
※保育の必要性が高い場合であっても、申し込み多数の場合や施設の状況により、希望された施設を利用できないことがあります。
 

転入予定の児童の申し込みについて

 申し込み時点では市外在住であっても、利用希望開始月の前月の末日(期日)までに高島市へ転入予定の児童であれば申し込みを受付します。
 申し込みについては、市内在住者と同様に行います。ただし、期日までに高島市に住民登録をされる必要がありますので、申立書に期日までに住民票を高島市に異動することの誓約を記入し、必要書類と併せて提出してください。
 期日までに住民登録がない場合は、入園決定(内定)を取り消します。
※受入枠を超える申し込みの場合は利用調整を行いますが、保育所等利用調整(入園のしおりP12~13)に基づいて、合計指数が同じ場合は、『3 優先区分』により、高島市民の申し込みを優先します。
※申立書は高島市ホームページからダウンロードできます。
※郵送、FAXによる受付は行いません。
 

広域入所(住民登録がある市町村以外の保育所等の利用)について

○高島市から他市町村の広域入所の場合
 高島市に住民登録のある児童が、保護者の勤務等の都合で高島市外の保育所等への入園を希望する場合は、事前に希望する保育所等所在の市町村に締切日や必要書類等の注意点をご確認のうえ、子育て支援課にお問い合わせください。
 高島市と保育所等所在の市町村との協議により入園の可否が決まりますので、当該市町村の事情によって入園できない場合があります。
【広域入所の流れ】
広域入所イメージ

○他市町村から高島市の広域入所の場合
 高島市で就労している等の理由により、高島市内の保育所等の入園を希望する場合は、住民登録のある市町村に申し込みをします。その際には、申し込みをする市町村から申込書類が高島市の締切日までに受付されていることが必要になります。
 高島市民の利用調整後、利用希望施設に空き定員がある場合のみ、他市町村からの広域入所の利用調整を行います(一次申込では二次調整から対象としますが、市内の保育所等で就労している保育士は除きます)。
 広域入所の利用期間は当該年度中となるため、次年度も引き続き利用を希望する場合は、毎年申し込みが必要です。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:子ども未来部 子育て支援課
TEL :0740-25-8136
FAX番号:0740-25-5490
MAIL :jido@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る