市政の情報

実弾射撃訓練再開についての市長コメント

登録日:2019年1月22日
政策部 企画広報課

実弾射撃訓練再開についての市長コメント

 本日、陸上自衛隊より再発防止策の徹底が完了したことから饗庭野演習場における実弾射撃訓練および全国の81mm迫撃砲の実弾射撃を1月21日から再開する旨の連絡を受けたところであります。

 実弾射撃訓練の再開につきましては、事故調査委員会によります徹底した原因究明と再発防止策等にかかる報告書を踏まえ、被害者の方はもとより、饗庭野演習場周辺の区・自治会の代表の皆様、さらに本市の議会議員各位にも一定のご理解をいただき、また同時に、日本の平和と安全はもとより、国民の生命や財産を守り、さらには、災害時の救助活動の展開等、自衛隊の任務は極めて崇高であり、そのためにも厳しい訓練を重ね、その練度を高めるための訓練の必要性等を総合的に勘案の上で、昨年12月27日に訓練再開を容認させていただいたところであります。

 今後におきましては、具体的な再発防止策の徹底はもとより、安全管理に万全の措置が講じられることが絶対条件であり、市民の皆様に置かれましても何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

 

  平成31年1月11日

                                             高島市長 福井正明  

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 企画広報課
TEL :0740-25-8130
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :kikaku@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る