産業・ビジネス

ブロック塀の安全点検について

登録日:2018年6月28日
都市整備部 都市政策課

 平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震において、コンクリートブロック塀の倒壊により、登校中の児童や見守り指導の高齢者が犠牲となった痛ましい事故が発生しました。

 塀の所有者は、建築基準法に定められた基準を守るとともに、塀を安全に管理する責任があります。国土交通省において、既設の塀の安全点検のためのチェックポイントが作成されていますので、次のチェック項目を参考に、所有者の方それぞれが安全点検を実施していただきますようお願いいたします。

 

checkpoint

ダウンロード

 

 一つでも不適合がある場合や分からないことがありましたら、専門家(建築士、専門工事業者等)に相談してください。また、行政の相談窓口については、以下のとおりです。

 ● 全体的な相談窓口

    滋賀県 土木交通部 建築課 建築指導室 077-528-4258

 ● 地域別の相談窓口(建築基準法に関すること)

    高島土木事務所 管理調整課 指導係 0740-22-6046

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:都市整備部 都市政策課
TEL :0740-25-8571
FAX番号:0740-25-8572
MAIL :toshi@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る