くらしの情報

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型並びに高島市子育て世帯空き家リノベーション事業費補助金交付事業及び住宅リフォーム工事補助金交付事業に係る相互協力に関する協定を締結

登録日:2018年4月19日
市民生活部 市民協働課

高島市と独立行政法人住宅金融支援機構は、子育て世帯および移住者(UIJターン)の住宅取得を支援して定住の促進を図るため、「高島市子育て世帯空き家リノベーション事業費補助金」および「高島市若者定住促進条例に基づく定住住宅リフォーム補助事業」と「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型」の推進にかかる相互協力に関する協定を締結しました。

 

ダウンロード

▼協定内容:
住宅金融支援機構と高島市が連携し、子育て世帯及び移住者(UIJターン)の住宅取得を支援します。「高島市子育て世帯空き家リノベーション事業費補助金」または「高島市若者定住促進条例に基づく定住住宅リフォーム補助事業」を利用して市内の住宅を取得する場合、住宅ローン【フラット35】の借入金利が当初5年間、年0.25%引き下げられます。

▼対象となる方(概要):
(1) 高島市子育て世帯空き家リノベーション事業費補助金 (若年子育て)
 〇高島市空き家紹介システムを通じて取得する空き家であること。
 〇中学生以下の子どもがいること。
 〇補助申請者の年齢が50歳未満であること。

(2) 高島市若者定住促進条例に基づく定住住宅リフォーム補助事業 (UIJターン)
 〇高島市内に中古住宅を取得すること。
 〇高島市外に1年以上居住した後に、高島市に転入する方または高島市に転入後3年を経過していない方

▼その他:
【フラット35】子育て支援型・地域活性化型をご利用いただくためには、事前に高島市で「フラット35子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」の交付を受ける必要があります。交付を受けるための詳細については、独立行政法人住宅金融支援機構または市民協働課までお問い合せください。
 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:市民生活部 市民協働課
TEL :0740-25-8526
FAX番号:0740-25-8156
MAIL :kyoudou@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る