産業・ビジネス

平成29年台風21号によるパイプハウス再建支援について

登録日:2017年12月22日
農林水産部 農業政策課

台風21号で被害を受けた園芸用パイプハウスの再建を支援します

平成29年10月の台風21号で園芸用パイプハウスに被害を受けた農業者が、今後、販売用野菜等を生産するために、パイプハウスを再建する場合に費用の一部を助成します。 

【1】助成対象者

  ●平成29年台風21号により被害を受けた販売用野菜等を生産する農業者。
  ●高島市内に住所を有していること。 
 

【2】採択基準

  ●台風21号により被害を受けたことがわかる書類(写真等)を提出すること。
   ※写真がない場合は、り災証明(農業用)が必要となります。
  ●施設園芸共済等の引受対象施設を整備する場合は、園芸施設共済または民間事業者が提供する保険への加入が見込まれる
  こと。
  ●支援策を受けられる方は高島市施設園芸振興協議会への参加が必須となります。
 

【3】補助割合・上限補助金

  ●施設設置面積に 2,000円/㎡以内 を乗じた金額。(ただし、事業費の2/3以内)
  ●共済金の受領額と補助金の合計額が事業費を超えない範囲とする。

 

【注意事項】

〇次のハウス等の再建は対象となりませんのでご了承ください。
 (1)自家消費用野菜のパイプハウス
 (2)水稲育苗用パイプハウス
 (3)農業用資材や農機具などの保管用のパイプハウス
 (4)ビニール破損のみの被害を受けたパイプハウス

〇申請者が多数となり、予算額を上回った場合は支援単価が下がる場合があります。

〇再建した施設については、園芸施設共済または民間事業者が提供する保険に加入することが条件となります。

〇事業を実施するうえで、早期に同様の内容で2者から見積書を取っていただく必要があります。

 

ご不明な点やご質問等ありましたら農業政策課までお気軽にお問い合わせください。

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:農林水産部 農業政策課
TEL :0740-25-8511
FAX番号:0740-25-8519
MAIL :nousei@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る