くらしの情報

お祭りなどで火気器具を使用する場合は「消火器の準備」と「消防署への届出」が必要です。

登録日:2017年7月19日
消防本部予防課

1.消火器の準備

  多くの人が集まるお祭りなどで、露店などを開設し、火気器具を使用する場合は、「消火器の準備」が必要です。
 消火器は、火気器具ごとに1本準備する必要があります。

 ※消火器は、住宅用消火器やエアゾール式簡易消火器具以外のものを準備してください。

「お祭りなど」とは、祭礼、縁日、花火大会、展示会、自治会などの祭りをいいます。
「露店など」とは、露店、屋台店など、物品を販売したり提供したりするものをいいます。
「火気器具」とは、ガスコンロ、バーベキューコンロ、電気コンロ、フライヤー、携帯発電機などをいいます。

 

2.露店等の開設届出書の届出

 火気器具を使用する露店等を1店舗でも開設しようとする場合は、「露店等の開設届出書」を開設する3日前までに消防署へ届出をしてください。
 ただし、顔見知りのみの催し、例えば近親者のみのバーベキューなどは届出の必要はありません。

露店等の開設届出書(PDF)

露店等の開設届出書(WORD)

 

3.指定催しの指定

 多くの人が集まるお祭りなどで大規模なものは、消防長が告示で指定します。
 (高島市では、主催者の認める露店等の数が100店舗を超えるものを指定しています。)
 指定された催しの主催者は、防火担当者を選任します。
 指定された催しの主催者は、選任した防火担当者に、火災予防上必要な業務に関する計画を作成させ、指定された催しの開催14日前までに「火災予防上必要な業務に関する計画提出書」を消防署へ提出してください。

 火災予防上必要な業務に関する計画提出書(PDF)
 火災予防上必要な業務に関する計画提出書(WORD)
 

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:消防本部予防課
TEL :0740-22-5403
FAX番号:0740-22-5199
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る