請願と陳情

請願

 市民の誰もが、市政についての要望や意見を議会に伝える方法として、請願・陳情があります。請願をする権利は基本的人権の一つとして憲法に保障されており、一年中いつでも提出することができます。
 請願は、議員の紹介があることなど一定の要件が必要ですが、本市では定例会招集告示日の前日までに受理されたものを当該会期の中で、所管委員会に付託して審査し、議会としての結論をだすことになります。なお、期限後に提出されたものは、急を要するものを除き、次期定例会で審査することになります。
 本会議で最終的に採択(議会が請願の内容について賛意を示すこと)か不採択かを決め、採択された請願は市長に送付します。市長は議会の意思をできるだけ尊重して、請願の内容について誠実に処理することが求められています。
 また、国や県などへ意見書を求める請願が採択された場合には、議員提案により意見書を議決し、関係行政庁へ提出します。
 市長などの執行機関に送付した請願は、必要により議会は、その処理の経過および結果の報告を求めることができます。
 

【請願の流れ】      
みなさんからの請願      
     
市議会議員(紹介)      
     
議会議長      
     
常任委員会(審査)      
     
市議会(表決) →(採択)    
【意見書を求める場合】  
(不採択) 市長 議員提案  
   
  報告 市議会(表決)  
   
  議長 関係行政庁提出  
       


陳情 

 議員の紹介を必要とする請願に対して、議員の紹介を必要とせずに市政についての要望や意見を議会に提出することを陳情といいます。
 本市では、議長が受理した陳情書は、速やかにその写しを全議員に配布して、その内容の周知を図っています。
 

      【陳情の流れ】
      みなさんからの陳情
     
      議会議長
     
      全議員
      (写しを配布)
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

☆申請の方法はこちら



お問合せ先:議会事務局 議事課
TEL :0740-25-8140
FAX番号:0740-25-8146
MAIL :gikai-giji@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る