議事のながれ

<議事のながれ>


 

開会
市長の招集により、招集日に議員および市長を始めとする関係理事者が議場に参集します。議長は開会を宣告し、市議会の活動が始まります。
↓ 
開議
続いて、議長がその日の会議を開く宣告を行い、会議録署名議員2名を指名します。

↓ 
案件上程
議長が、議案などの案件を議題とすることを「上程」といい、その日の議事日程の順序に従って上程していきます。
↓ 
提案説明
案件が議題として上程されると、提案者が内容および提案理由の説明を行います。
↓ 
質疑・質問
質疑は、提案された案件の内容に対し問いただすことであり、質問(代表・一般質問)は、案件に関係なく市政全般について 市長などの執行機関の考えや方針を問いただすことです。
↓ 
委員会付託
本会議での質疑が終わると、案件をより詳しく専門的に審査するため、議長がそれぞれ関係する所管の常任委員会へ付託します。
↓ 
委員会審査
各委員会では、付託された案件を専門的に審査します。
↓ 
委員長報告
委員会審査が終わると、再び案件を本会議に上程し、委員長から審査の経過および結果を口頭で報告します。
↓ 
質疑
委員長報告に対して議員から質問があれば、委員長が答弁をします。
↓ 
討論
質疑が終わると討論に入ります。議題になっている案件に対して、 賛成か反対かについてそれぞれの立場で意見を述べます。
↓ 
表決
討論が終わると表決に入ります。議会の最終的な意思決定を行うことであり、起立表決を原則としています。
↓ 
散会
「散会」は、その日の会議を閉じることで、その日の会議を開く「開議」に対応するものです。
↓ 
閉会
「閉会」は、上程議案の議決がすべて終了したときに議長が宣告するもので、市議会の活動を始める「開会」に対応するものです。閉会によって、市議会はその会期の活動を終え、法的な活動能力を失います。


<会議の主なルール>会議は一定のルールに従って行われています。
代表的なものについては次のとおりです。




○定足数の原則
 本会議は、議員定数の半数以上が出席しないと会議を開くことができません。

○過半数議決の原則
 議決するには、事件(案件)に対して会議に出席している議員の半数を超える賛成が必要です。

○一事不再議の原則
 一度議決したら、同じ条件ではその会期中に再び審議できません。

○会議公開の原則
 特に秘密会の議決をしない限り、会議は公開しなければなりません。



お問合せ先:議会事務局 議事課
TEL :0740-25-8140
FAX番号:0740-25-8146
MAIL :gikai-giji@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る