くらしの情報

つけましたか?住宅用火災警報器

登録日:2018年4月20日
高島市消防本部予防課

あなたの住宅にも、火災警報器の取り付けが義務付けられています

 「まさか!」の火事。火災警報器で助かる命があります。

 火事は決して他人事ではなく、どこの家庭にでも起こりうることです。

 万が一の時でも、火災警報器があればいち早く火災を知らせてくれます。

    kasaissiya      

 

どこに取り付けたらいいの?

 settiiti

〇 寝室 : 普段寝室として使用している部屋に設置義務があります。(子供部屋なども含みます)

〇 階段 : 2階以上に寝室がある場合には、設置義務があります。

※ 台所居間 : 設置義務はありませんが、取り付けをおすすめします。

 

取り付け方は?

 住宅用火災警報器は、天井や壁に取り付けますが、特別な資格は必要なく、自分で付属のネジやフックなどで取り付けることができます。(ただし配線工事が必要な場合は、電気工事士による工事が必要です。)

 取り付ける時は、必ず取扱説明書を確認してください。

位置  壁  エアコン 

効果はあるの?

 事例1

 寝たばこにより火災が発生し、警報器が煙を感知しました。警報音で本人が目を覚まし、布団に水をかけて消火したので大事に至りませんでした。 

 事例2

 深夜、2階の寝室で寝ていたところ、階段の住宅用火災警報器が鳴ったため目が覚め、1階の居間のコタツ付近が燃えているのを発見し、消火器で消火したため大事に至りませんでした。

 事例3

 てんぷら油を加熱したまま、その場を離れたため、鍋から煙が上がり警報器がその煙を感知し、警報音に気づいた居住者が初期消火と119番通報し大事に至りませんでした。

                                 

 

 

        


関連ディレクトリ



お問合せ先:高島市消防本部予防課
TEL :0740-22-5403
FAX番号:0740-22-5199
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る