くらしの情報

地域でひろがっています!認知症サポーター

登録日:2020年6月11日
健康福祉部 高齢者支援局 地域包括支援課

認知症

認知症サポーター養成講座

認知症 みんなの笑顔で 支えよう!

 ※これは高島市オリジナルのキャッチフレーズです。

 ※「ロバ隊長」・・・認知症サポーターキャラバンのマスコットキャラクターです。
認知症サポーターキャラバンの隊長として、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりへの道のりの先頭を歩いています。ロバのように急がず、しかし一歩一歩着実に進んでいきます。

認知症になても安心して暮らせる高島市を目指し、「認知症サポーター養成講座」を実施しています。
認知症サポーター養成講座の開催については、地域包括支援課(地域包括支援センター)までお問合せください。
 

現在、高島市の認知症サポーターは令和元年3月末で11,723人となりました。

認知症サポーターとは?


 認知症を理解し、認知症の方やその家族を見守る「応援者(サポーター)」です。
 認知症サポーター養成講座を受講した方が認知症サポーターです。
 認知症サポーターには、地域住民、企業の従業員、小・中・高等学校の生徒など様々な方がなっておられます。

どんな活動をするの?

特別な活動ではなく、認知症について正しく理解し、自分のできる範囲で認知症の人や家族を応援するのが認知症サポーターです。たとえば、認知症の人や家族に対して暖かい目で見守る、気持ちを理解するよう努めるといったこともサポーターにできる支援の一つです。 地域で困っている人を見かけたら、「何かお手伝いすることはありますか?」と声をかけてみるなど、いろいろな関わり方があります。

認知症サポーター養成講座とは?


・認知症の基本的な知識
・認知症の方との接し方 など

 講座は、研修を受けたキャラバン・メイトが講師となって行います。
 どのような職域、グループ、地域でも開催できます。
 

リング

・認知症サポーター養成講座を受講された方には「オレンジリング」をお渡しします。 

・「オレンジリング」は認知症の人を支援しますという意思を示すものです。     
 


関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 高齢者支援局 地域包括支援課
TEL :0740-25-8150
FAX番号:0740-25-8054
MAIL :houkatu@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る