観光・イベント

道の駅

登録日:2016年5月2日
商工観光部 観光振興課

道の駅「藤樹の里あどがわ」 (安曇川)

道の駅「藤樹の里あどがわ」施設外観

高島市内で4番目、滋賀県内で14番目として、平成18年6月にオープン。ゆったりとした造りの施設で、屋根には伝統工芸品の扇子がデザインされています。

館内では、その扇子の絵付け体験ができる工房があり、オリジナルの扇子づくりにチャレンジできます。また、食や地域の特産品コーナーも充実!地元産の新鮮な野菜や湖魚をレストランやファストフードコーナーで味わうも良し、特産品売場で選んでお土産にするも良し。中でも、眼と健康に良い「アドベリー」を使った特産品は、ぜひご賞味を!

【交 通】 (車で) 名神高速 京都東ICから国道161号経由 約50分
            北陸自動車道 敦賀ICから国道161号経由 約60分
       (電車で)湖西線安曇川駅から 徒歩10分

【休館日】 毎月第二水曜日(4月・8月は無休)・元日

◆問い合わせ◆ 道の駅「藤樹の里あどがわ」 TEL  0740-32-8460   


道の駅「マキノ追坂峠(おっさかとうげ)」(マキノ)

マキノ町を南北に縦走する国道161号線にあり、ここから眺める琵琶湖は絶景です。
物販・直売コーナー、レストランコーナー、そば・パン加工コーナー、情報コーナーがあります。特に地元産米や発芽玄米を使った米粉パンが人気です。

【交  通】 (車で) 名神高速 京都東ICから国道161号経由 約80分
             北陸自動車道 敦賀ICから国道161号経由 約30分
       
(バスで)湖西線マキノ駅から タウンバスで約10分 小荒路下車

【休館日】 4月~8月  第2・4火曜日
       9月~3月  毎週火曜日・年末年始
      (火曜日が祝日の場合は営業します)

◆問い合わせ◆  道の駅「マキノ追坂峠」  TEL  0740-28-8081 


道の駅「くつき新本陣」(朽木)

鎌倉時代から明治維新まで、この地を治めた朽木氏の城館・朽木の中心であった朽木本陣の機能を復元し、むらづくりの発信基地、村民のコミュニケーションの拠点として誕生しました。朽木の観光情報発信、コミュニティー醸成特産品の紹介にイベントの開催などバラエティーに富んだ機能を備えています。 

日曜朝市

道の駅「朽木新本陣」では、正月三が日を除く毎週日曜日に、地元の人たちが自作の産品を持ち寄る朝市を開催しています。
新鮮な農作物のほか山菜、漬物などが喜ばれており、中でも一番の人気特産物は「栃餅」と「鯖のなれずし」です。

【交 通】(車で) 京都市内から大原・国道367号(鯖街道)経由 約80分(大原から約40分)
          名神高速 京都東ICから
国道161号・安曇川経由 約70分
          
小浜から国道303号(鯖街道)経由 約50分
     (バスで)湖西線安曇川駅から 江若バスで約30分 朽木学校前下車
          京阪出町柳駅から 京都バスで約80分 朽木学校前下車

【休館日】火曜定休(祝日の場合は翌日)・年末年始

◆問い合わせ◆ 道の駅「くつき新本陣」 TEL 0740-38-2398


道の駅「しんあさひ風車村」(新旭)

湖を眺めながら気持ちよくドライブをしていると、見えてくる大きな風車。そこがオランダの田園風景をイメージした道の駅「しんあさひ風車村」です。
風車村の西側には新旭菖蒲園が広がり、5月はルピナス、6月は花菖蒲を楽しんでいただけます。

【交  通】 (車で)  名神高速 京都東ICから国道161号経由 約60分
              北陸自動車道 木之本ICから国道303号経由 約60分
        (バスで) 湖西線新旭駅から はーとバス風車村線で約10分 風車村下車 

※平成28年4月1日~平成30年3月31日(予定)の間、リニューアル工事のため、道の駅・新旭菖蒲園(ルピナス・花菖蒲)は、施設休止中です。 


関連ディレクトリ



お問合せ先:商工観光部 観光振興課
TEL :0740-25-8040
FAX番号:0740-25-8518
MAIL :kanko@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る