くらしの情報

高島歴史民俗資料館

登録日:2016年5月27日
教育委員会事務局 文化財課

4月1日より朽木・マキノ資料館の見学方法が変わります。

マキノ資料館と朽木資料館の入館・見学は平成28年4月1日以降、原則として事前予約が必要となります。

★ただし、朽木資料館の春季(4月23日~5月29日)および秋季(10月上旬から11月中旬)の企画展開催中の期間は通常開館となりますので、予約なしでご覧いただけます。

▽見学予約・問い合わせ先▽

 高島歴史民俗資料館

  TEL:0740-36-1553/FAX:0740-36-1554

  開館時間:9時~16時30分

  休館日:月・火曜日・祝日(※高島歴史民俗資料館はこれまでどおり通常開館します)

  

 鴨稲荷山古墳の近くに昭和56年10月開館しました。テレビなどの報道で一躍有名になった鴨遺跡の発掘の木製遺物(木簡、木沓)や町内の考古、民俗、歴史資料が展示されています。貞観15年(873)と記された農業日誌的内容の木簡は全国の注目を集めました。
 高級陶器や銅製印「朝」の出土は国家的祭礼が行われていたのではと思われます。民具クラブによる民具の収集も膨大なものです。
 平成13年11月7日、高島町打下上下水道配水施設新築工事現場から古墳時代(1500年前)の箱形石棺墓が現れ、石棺の中からは良好な頭蓋骨と鉄剣などが検出され、頭蓋骨が復顔されました。被葬者の復顔模型が資料館に展示してあります。
 

所在地

高島市鴨2239

TEL

0740-36-1553

FAX

0740-36-1554

メールアドレス

shiryo@city.takashima.shiga.jp

開館時間

午前9時~午後4時30分

休館日

月曜日・火曜日
国民の祝日(ただし5/5と11/3は開館)
12/28~1/4

入館料  

無料

地図


関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 文化財課
TEL :0740-32-4467
FAX番号:0740-32-3568
MAIL :bunkazai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る